バグ


実害あり

フリーズ

特に旧3DSでのプレイで確認されている。
イベント戦闘デモでの会話読み込みで発生することが多い?(一概には言えず、普通に戦闘アニメを見ようとしただけでもフリーズする場合あり。特にマップでの処理が重い回では注意。)
  • 35話 超竜神+撃龍神のイベント戦闘で確認
  • 覚醒ユニコーンの「NT-D覚醒攻撃」開始時。new3DSでもフリーズ発生確認。
  • 最終話BのEDのシナリオデモ中、ヨウタのDVE終了直後
    • 解決策としては、new3DSに乗り換えたり、適度にセーブする事をオススメする。

40話強制ステータス表示バグ

  • 40話のAGE-FXバーストモード解禁イベント終了後、AGE-FXのステータスが強制的に表示される。
  • Bボタンを押してステータス画面を閉じても、瞬時にステータス画面が再表示される。
  • 結果としてゲームが進行不能になる。
    • 解決策としては、ステータス画面を閉じて、再表示される前にRボタンを押し、ナデシコにマップカーソルを合わせること。
  • なお、40話以外のイベント戦闘でも同様の状況が発生する事がある。対処法は同様に別ユニットへカーソルを移動させれば良い。
    • 発生状況から推測すると、ヒット&アウェイ持ちのユニットが攻撃してから移動するまでのタイミングでマップイベントが発生し、該当ユニット(40話の場合はナデシコ)からカーソルが外れた状況になった場合に起きる模様。
      • ステータス画面をRボタンで送り、該当ユニットにカーソルが合ったら行動を終了させれば正常に復帰する。

44話操作不能バグ

  • 44話にてアルガス騎士団の4人(バーサル騎士以外の騎士系)のうち1人でも出撃後撃破されると、ジークジオン撃破イベント後にホワイトアウトせず操作不能になってしまう。(ソフトリセットは可能)
    • 解決策としては、アルガス騎士団が1人も欠けること無くシナリオをクリアすること。1人でも撃破されたらゲームオーバーに値するので注意。
    • 或いは興が削がれるかもしれないが、強制出撃のバーサル騎士ガンダム以外のアルガス騎士団を誰も出さないというのも一つの手。

実害なし

BGM消失

  • 第42話でサヨナラノツバサでBGMが固定された後にリセット&ロードを行うとBGMが消失する。
    • 実害はないが気分は一気に盛り下がってしまう。

戦闘デモ等セリフ指定ミス

  • スラーゼンがランベルに対して援護防御を行うと、本来ウィンドウに対してのものだったと思われるセリフが発生する。
  • ルカがオズマに援護防御を行うと、ミシェルに対してのセリフが発生する。またミシェルに援護防御するとクランに対しての台詞になる。
  • バクリュウドラゴン反撃時、ひでのり「マリアさん、おねがいします」と表示される所で、ひでのりの「もう水なんて怖くない ~」と違うボイスが流れる。
  • ガランシェール回避時、ジンネマン「さっきのはギリギリだったな」と表示される所で、ジンネマンの「当たれば一大事~」と違うボイスが流れる。
  • ニー、キーンでツインオーラアタック使用時、ニーがキーンに対して「マーベル、ショウには負けたくないな」というセリフが流れる。
    • この二人は自軍で無条件に加入する聖戦士(地上人)。その二人に戦果や功績で負けたくはない(とキーンに言っている)、という意味合いで使われていると思われる。台詞ミスではないだろう。
  • ボストンルート31話でゴッドスクランダー登場時に別ルートにいるはずのバナージの「! あれが光の正体…!」というセリフが表示される。
  • 41話で戦術指揮担当に護を選択した場合に、通常各々の指揮担当者の台詞が出る箇所で何も台詞が発生しない。

EP終了後PPになっても敵の表示が黒いまま

これはバグではありません。
参考画像
https://d3esbfg30x759i.cloudfront.net/ss/WVW69iVCe9kNn6LTcs

ガンダムAGE-2ダークハウンドの表示が黒いまま

  • 第41話「君の中の英雄」にてゼハートフラグが成立しており、かつ離脱直前にアッシュが行動済みだった場合、援軍で再配置されるダークハウンドが行動終了表示のまま登場する。他のユニットが行動するか、ダークハウンドを選択すれば元に戻る。

援護攻撃に入った味方ユニットのグラフィックが被援護側と同じものに(戦闘アニメーション中のみ)

  • 1,「カウンター」「攻撃射程低下の武器」を所持した敵に対し、PPで味方SUが援護攻撃込みの攻撃を武器の射程ギリギリから行う。
  • 2,戦闘アニメで敵がカウンターを発動し、攻撃射程低下の武器が味方にヒットする。
  • 3,被弾した味方は射程低下で反撃不能となりすぐに援護攻撃が行われるが、援護に入ったユニットのグラフィックが援護を受ける側と同じになる。
  • 同じになるのは援護に入ったときのみで、攻撃のアニメーションが始まるとすぐに戻ります。(中にはそのままのものもあります。例 ナデシコのミサイル等)
  • Yボタンで戦闘アニメをスキップすると起こらないようです。

  • 第38話「たったひとつの望み」で確認。機体はネオ・ジオング、武器はサイコシャード
  • 他のステージに登場するユニット等では未確認。敵の援護等でも起こるかは未確認。

敵残存数が実際の敵の数と異なっている

  • 下画面に表示されている敵残存数が、MAP上にいる敵の数より1~2機多い場合がある。

戦術指揮にいないはずのキャラクターがいる

  • DLC「硬きもの」では戦術指揮にマノンと、タイミング上明らかにいないはずのゼハートがレベル7、機体なしで登録されている。選択可能でちゃんと指揮効果も発揮される。

第7話のエステバリスのフレームが変化

  • 本来陸戦フレームで出撃のはずのエステバリスだが、初期味方出撃前に中断セーブでゲームを終了し再開すると空戦フレームになる。

第32話「対の獣と光」のバンシィ・ノルンの復活バグ

  • 初期配置のアンジェロを撃墜するまでバンシィ・ノルンは無限復活するのだが、3回目の復活以降はHPが回復しないため、戦闘する・何らかのコマンドの対象になると撃墜判定になる。

第42話「銀河を繋ぐ歌声」で気力-150?

味方全回復&ガオガイガー勢気力300になるイベントの後、ガオガイガー勢に「加速」「追風」を使わせると気力-150の表示が出るが、気力は300のまま。

バグか仕様か不明なもの

BGM登録スキップ?

通常「ダンバインとぶ」は地上ルート第19話「親と子」でビルバイン復帰と共に追加されるが、
宇宙ルートを通った場合、合流後に「ダンバインとぶ」がBGMセレクトに追加されないというもの。
対処法としては、復帰したビルバインのBGMに「デフォルト曲に戻す」を設定した後(「ダンバインとぶ」が選曲される)、
戦闘を行えばBGMセレクトに追加する事ができる。
同じ事が「LEGEND of KAISER」で発生する事も確認。こちらもデフォルト選曲で解決する。

何故か不屈が持続する

精神コマンドの「不屈」は今作で第三次Zと同じく「一度だけ被ダメージ1/8」という仕様になったが、
何故か今作ではバリア突破判定よりも前に不屈のダメージ軽減計算が行われるため、
バリア持ちの機体(ガオガイガーやマクロス、ナデシコ、00ガンダム系ユニット)が不屈を使用すると、
バリアの効果が実質8倍になる。
例としては、不屈ディストーションフィールドは8000以下の全ダメージを無効化し、
不屈プロテクトシェードは対象になる射撃攻撃をダメージ12000まで無効化してしまう。

もちろん防御やシールド防御による軽減も判定に入るため、更にバリア強度を上げることも可能。
バリア&シールドを持つマクロスクォーター・強攻型に至っては、不屈+防御+シールド防御発動で、
32000以下の全ダメージを無効化 と言うトンデモ性能になってしまうので、
バリア貫通属性を持つユニット以外にはENが続く限り無敵と化す。
この仕様を単独で使えるユニットは下記のユニット。
  • ナデシコ
  • ダイテツジン
  • ダイマジン
  • テツジン
  • ギラーガ改(射撃属性のみ)
  • ダブルオークアンタ(ティエリア同乗時)
  • ガンダムサバーニャ
  • ラファエルガンダム
  • キングジェイダー
  • ガオガイガー/スターガオガイガー(射撃属性のみ)
  • マイクサウンダース13世(5段階ボーナス+勇気で可能)
  • マクロス・クォーター
  • エステバリス・リョーコ機
  • グラン・ガラン(射撃属性のみ)
  • ゴラオン(射撃属性のみ)
  • キーン搭乗のオーラバトラー(射撃属性のみ、勇気で可能)
  • VF-25SメサイアB
  • VB-6ケーニッヒモンスター(5段階ボーナス)
  • ジェノアスOカスタム(10段階ボーナス)
  • GN-XIV(アンドレイ機)
  • プトレマイオス2改
  • ガランシェール(最終ボーナス)
  • アイアンカイザー(DLC「悪の華」)

何故か幸運と祝福が持続する

幸運&祝福は本来1戦闘にしか効果がない。
しかし効果がかかったユニットの攻撃で敵を落とさず、援護攻撃(PUの攻撃ではダメ)で敵を倒した場合、
効果が切れず、資金が2倍になる。これを利用すると、すべての敵を幸運状態で倒すことが可能。
因みに努力(応援)はこの方法で敵を倒しても効果が切れてしまうため、常時努力状態は不可能。


BGMが勝手に切り替わる

39話「どこにでもある『正義』」にて、ナトーラとフラムが戦闘すると戦闘デモOFFの状態でも勝手にディーヴァに設定したBGMが流れ始める。恐らくフリットに関連付けて戦闘前会話が用意されていたものがデバッグの段階でなくなり、BGMの切り替えだけが残ったものと思われる。

「バリア無効」で味方のバリアも無効化される

ウェンディ、つばさ、ユキが持つ「バリア無効」の戦術指揮効果が敵だけでなく味方にも反映されてしまう。
確かに読んで字の如くな効果ではあるが、これと似たような「スペック低下無効」はちゃんとこちらのユニットのみに適用されているため、仕様かバグかの判断に困るところ。
プレイスタイルにもよるものの、今回のバリアは上記の不屈バグ?の存在などもありお世話になっているプレイヤーも多いと思われ、終盤で彼女ら三人を使いたい場合は注意しておこう。
なおジェネレイティングアーマーは唯一アーマー系に分類される(アイコンを参照)ため、無効化されず普通に機能する。


バグと間違えやすい仕様

インターミッション(出撃準備)画面での出撃数と実際の出撃可能数が合わない

インターミッションで表示されるのは強制出撃母艦以外すべてを含めた数である
表示数から強制出撃ユニット分を減らしたものが、選択母艦+選択ユニットの枠数になる。

戦術指揮/応援で精神ポイント20上昇の効果を持つキャラを選択していた場合、TSPの上昇で指揮効果が上がるタイミングで全員のSPが20回復する

オードリー、護、ランカが持つ精神ポイント20上昇の効果は、初期SPの最大値が20増えるのに加えて、指揮効果が上がるタイミングでサブパイロット含め全員のSPが20回復する。
2回効果が上がるタイミングがあるのでサブを含め全員のSPが60増えるのに相当する。

勝手にフルアーマーを解除するユニコーン

FAユニコーンガンダムの状態で覚醒デストロイモードに変形する際に強制的にパージし、戦闘終了するとインターミッションでノーマルのユニコーンに戻ってしまう。
特に実害はないが、毎度換装してやらねばならないので非常に面倒臭い。

誤字・脱字等

該当箇所 場面 発言者等 備考
5話 シナリオデモ リョーコ (両親が)無くなった 亡くなった
8話 シナリオデモ
10話 シナリオデモ 真上 召還 されたらしいのさ 召喚 されたらしいのさ 「召還」は「呼び戻す」の意味なので誤用。返しのフリットの台詞も同様の誤記あり
13話 ステージ中 GAIL兵士 ダイ ソアは道を塞ぐ~ ダイ ソアは道を塞ぐ~
17話 シナリオデモ 姫木先生 みんな事、ちゃんと見ているのよ みんな 事、ちゃんと見ているのよ
20話(宇宙ルート) シナリオデモ ムネタケ そういえば、あなたエイナス中将の だったわね 中将の 孫娘 だったわね 原作設定上、エイナス中将はナトーラの父ではなく祖父である
23話 ステージ中 ローダン ・・・まんまと乗っかってき おったな きおったな
30話 シナリオデモ キャプテン・アッシュ 通信中の顔グラ 通信エフェクトが消えている
32話 シナリオデモ エレ 私達が集る~ 私達が集
or私達が集 る~
誤字ではないが、「集る」は「たかる」と読むので使い方としては不適切
42話 初戦闘 ムネタケ 守るべき正義は 俄然 存在する! ~は 依然 存在する
or~は 断然 存在する
「俄然」は「いきなり変わる」の意味
45話 シナリオデモ ジョジョ いったい 何が~ いったい何が~
戦闘デモ 被弾時 ベルゼブ 三次元人ごときにやらるものか 三次元人ごときにやら るものか