|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

イベント提出物/政策/満天星国政府緊急声明

――――――――――――――――――――――――――――――――
満天星国政府緊急声明
――――――――――――――――――――――――――――――――

発布日:82809002



政府より満天星国民の方に緊急のお知らせを致します。
満天星国内で発生している大規模暴動に対しまして政府は藩国部隊の投入を決定しました。
この暴動は汚職を行っていた一部法官による汚職隠しのための暴走と、それに対して自浄を行おうとした他の法官集団との戦闘。更に住民各位の自衛戦闘という形で拡大した、ということが判明しております。政府は現時刻を持ちまして暴動を起こした法官を犯罪者と認定し、事態の鎮圧を計ります。また、現在、自衛のためにやむなく戦闘を行っている者、あるいは自発的に防衛に参加されている法官の者については、藩国部隊到着と同時に直ちに武器を捨て、戦闘を停止するよう要請します。藩国部隊が最たる目標とするのは汚職を行っていた一部法官であります。

同時に、汚職逃れを企てている法官諸氏には降伏を勧告する。投降の意志のある者は武器を持たずに両手を上げてその場に伏せたまま行動を停止すること。なお、投降の意を示した者への攻撃、部隊への抵抗などの鎮圧行為妨害に対しては、以後さらなる厳罰を処することとする。諸君らの罪状は調査すれば即座に明るみに出るものであり、また法官組織自体も近日中に復旧の目処が立っている。既に諸君らに逃げ道はない。繰り返す、諸君らに逃げ道はない。即刻武装を解除し降伏せよ。また、もしも勧告に従わぬ場合には完全武装の藩国部隊にて実力をもって排除に当たる。諸君らの行った行為は満天星国の忌避すべき過去の再現であり、決して許されるものではない。それ故、我々は実力をもって諸君らを排除することに何のためらいも持ってはいない。しかし、この勧告に応じるようであれば、法の名の下に裁判を受ける権利は保障する。なお、この事態に対して宰相府藩国にも応援を要請し、受理されている。これ以上の言葉は不要であろう。無駄な血を流すことは我々の本望でない。命が惜しくば即時武装を解除し、降伏せよ。以上。

満天星国摂政 らうーる